診療案内

更年期

更年期とは?

閉経とは卵巣に卵胞(卵)が殆どなくなってしまい、月経が永久に止まってしまった状態のことです。
日本人の平均閉経年齢は50歳ですが、個人差が大きく、早い人で40歳台前半、遅い人で50歳台後半に閉経を迎えます。

閉経年齢前後の約10年間、卵巣の機能が低下し始め、最終的にその機能を停止するまでの時期を『更年期』といいます。

卵胞ホルモン(エストロゲン)が低下すると、月経不順、顔のほてり、のぼせ、手足の冷え、動悸、めまい、抑鬱、不眠、頭重感、疲労感、肩こり、腰痛、関節痛、手足のこわばりなどの更年期症状を自覚することがあり、また、骨粗鬆症(骨がもろくなる)や高脂血症(コレステロール等が高くなる)など加齢に伴う疾患とも関連してきます。

これらの状態はすべて卵胞ホルモンの低下が原因であるとは限りません。
これらの症状を起こすような他の身体的、精神的疾患がなく、逆に低下したホルモンを補充することで症状が軽快する場合に、更年期障害と診断されます。(日本産婦人科学会)

 

どんな治療法がありますか?

ホルモン補充療法(少なくなったホルモンを補う治療法)が基本となります。
最近はさまざまなホルモン製剤が発売され、内服薬の他に、貼り薬(パッチ剤やジェル剤の経皮吸収剤)、腟剤があります。
経皮吸収剤は脂質代謝(コレステロール等)や凝固系(血液の固まりやすさ)、心臓や血管への影響が少なく、主流になりつつあります。

一方、皮膚がかぶれたり、夏ははがれやすかったり、価格が高いなどのデメリットもあります。
主な症状が腟乾燥感や性交障害のみの場合には腟剤が使われます

卵胞ホルモンを単独で用いると子宮内膜が異常に厚くなることがあるので、子宮がある女性では黄体ホルモンを一緒に用いることが必要です。
卵胞ホルモンに加えて黄体ホルモンを一ヶ月に10~12日間併用する周期的投与と、両者を持続的に併用する方法があります。

子宮を摘出した女性では黄体ホルモンの追加は必要なく、卵胞ホルモン単独療法を行います。
ただし、卵胞ホルモンで悪化する乳がん、子宮体がん(子宮内膜がん)、重度の肝機能障害、原因不明の不正性器出血、血が固まりやすい状態(血栓塞栓症や急性期の血栓性静脈炎、冠動脈疾患や脳卒中の既往)、妊娠が疑われるなどの場合、ホルモン補充療法はできません。

漢方薬や抗不安薬、抗うつ薬、心理療法を行います。

 

 更年期は人生の半ば

どのような症状を治療、あるいは予防したいのか、また個人が抱えるリスクによって、薬の種類、投与経路、投与方法が異なります。
女性の平均寿命が86歳となった日本では、更年期は人生の半ばです。
これからの行く末を明るく健康に過ごしていく為のとてもいい機会です。