診療案内

子宮、卵巣の病気

子宮・卵巣の病気

子宮筋腫

子宮の筋組織から発生する良性の平滑筋腫。
40歳代に最も多く認められます。過多月経、月経時疼痛、貧血、不妊などの症状が出ます。
悪性化することは、ほとんどありません。
治療は、自覚症状が軽微なものや、筋腫が小さな場合は、定期的に検査を受け、放置しておいても構いません。
手術を行う場合は、開腹手術や、腹腔鏡手術があります。
筋腫の大きさや、部位にもよりますが、妊娠を希望する人に対しては、筋腫のみを摘出する、筋腫核出術が行われる場合もあります。また、薬物療法で筋腫を小さくする治療もあります。

子宮肉腫

臨床的に子宮筋腫と診断された中に、非常に希に子宮肉腫が含まれます。
子宮体部肉腫の多くは閉経後の高齢婦人に発生し、40歳未満に発生することは稀です。
病因は明らかではなく、初発症状は不正性器出血が最も多くみられます。
内膜細胞診によるスクリーニングでは癌または肉腫のどちらか一方の細胞のみしか認められないことが多い。
子宮体部癌肉腫は一般的に進行が早く、手術時にすでに病変が子宮外に進展していることが多く、予後は悪くなります。

子宮内膜症

子宮内膜が、子宮腔以外の場所で増殖するもの。良性の病気ですが、進行性です。
子宮内膜の増殖する場所が、卵巣、ダグラス窩にある場合と、子宮筋層内である場合があります。
卵巣で増殖したものをチョコレートのう腫、子宮筋層で増殖したものを子宮腺筋症と呼びます。
月経痛が著しく、段々症状が重くなる場合、子宮内膜症を疑います。
他の症状としては、慢性的な下腹部痛、性交時痛、不妊などがあります。
卵巣で増殖したものをチョコレートのう腫の一部は癌化すると言われております。
注意して経過を見る必要があります。

子宮頸がん

子宮頸部とよばれる子宮の出口より発生する癌。
ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)の長期感染によります。
ほとんど自覚症状がありませんが、不正出血がみられる場合もあります。
子宮頸がんは検診が行われています。また、子宮頸がんワクチンによって、頸がんの70%が予防することができます。

子宮体がん

子宮体部の上皮組織である子宮内膜に発生する癌。
子宮内膜癌は、女性ホルモンのエストロゲンの影響があります。症状としては、閉経後の不正出血です。
子宮がん検診の場合に、子宮体がんの検診を申し出てください。子宮体がんの検診を行います。

卵巣嚢腫・卵巣腫瘍

卵巣は子宮の左右に一つずつあり、通常では2~3cmぐらいの大きさです。ここに発生した腫瘍が卵巣腫瘍であり、大きいものでは30cmを超えることもあります。
卵巣腫瘍には様々な種類があります。それぞれに、良性腫瘍、境界悪性腫瘍、悪性腫瘍があります。
卵巣腫瘍の症状には腹部膨満感(お腹が張って苦しい)、下腹部痛、頻尿などがありますが、小さいうちは無症状で経過することが多く、体調の悪い時は、産婦人科で内診、経膣超音波(経膣エコー)で卵巣ぬ種の存在がわかります。
卵巣嚢腫が腹腔内でねじれて非常に痛い下腹部痛が起こることもあります。

卵巣がん

卵巣に発生する癌。
一般に無症候性で、症状が出るころには、致死的な場合が多い。
CA125、ほかの腫瘍マーカーと超音波検査により調べます。癌化の経過が非常に早い場合があります。