診療案内

月経関連

月経不順

正常の月経周期日数は25~38日です。基礎体温を測定して、治療が必要かどうかを判断します。

無月経

原発性のものは、満18歳になっても初経がおこらない場合。
続発性のものは、これまであった月経がストレスなどにより、3か月以上停止したもの。
ホルモン治療を行うことがあります。

月経周期異常

周期日数が39日以上で、1年に8~9回以下の月経や、周期日数が24日以内で、月経が頻発する場合、血中または尿中のホルモン測定を行い、治療を行います。

月経持続日数および量の異常

正常月経日数は3~7日です。 過少月経とは、月経時の出血量が異常に少ないもの、子宮や卵巣に異常が認められます。
過多月経とは、月経時の出血量が異常に多く、血の塊が交じるものです。
子宮筋腫などが原因となっていることがあります。

閉経

卵巣機能の衰退または消失によって起こる月経の永久的な停止。大体48~50歳ぐらい。
30才代で閉経になってしまう場合、早発閉経といい、受診の必要があります。
骨粗鬆症、脂質代謝異常、性器の萎縮などの予防のため。

不正出血

月経時以外の出血。不正出血の原因には、炎症によるもの、病原菌の感染、老人性膣炎、子宮内膜炎など、ホルモン異常によるもの、子宮頸部または内膜のポリープ、子宮筋腫、子宮腟部びらん、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣腫瘍、子宮肉腫、腟がん、流産などがあり、出血の原因をはっきりさせることが大切です。

 

月経困難症

月経困難症とは、月経に随伴して起こる腰痛、下腹痛といった骨盤を中心とした痛みのほか、頭痛、吐き気、嘔吐、乳房の痛み、下痢、便秘などがおこる症状です。
器質性(病気があるもの)と機能性(病気のないもの)に分けられます。

器質性の場合、子宮内膜症や子宮筋腫などが考えられ、それぞれの原因に対する治療を行います。
機能性の場合、ホルモンのアンバランスや自立神経失調症による子宮の過剰収縮が原因と考えられています。
痛み止めによる対症療法、ピルによる治療を行います。

 

月経前症候群 (PMS)

月経前症候群とは、排卵から月経までにみられる体や精神状態に不快な症状をきたし月経開始とともに軽快、消失するものをいいます。
むくみ、だるさ、抑うつ、不安、睡眠障害いらいら、頭痛、胸がはってくる、食欲不振・過食、めまい、腹痛、便秘など。

糖分、塩分、水分、カフェインなどをとりすぎない。
適度な運動などの生活指導、気分転換をはかる。
ほか、薬による対症療法、低用量ピル、漢方療法などの治療を行います。