診療案内

不正(性器)出血

不正出血とは

ホルモンの異常や様々な病気により、月経以外に性器から出血することを不正性器出血といいます。
新しい血液は赤いですが、古い血液は茶色、わずかな出血では黄色のこともあります。
排卵期に起こる中間出血など病気ではないものもありますが、なかには重大な病気の症状のこともあるので注意してください。

どのような病気がありますか?

  1. 炎症によるもの
    病原菌の感染、老人性膣炎、子宮内膜炎など
  2. ホルモン異常によるもの
    卵巣機能不全、月経異常など
  3. 良性の腫瘍
    子宮頸部または内膜のポリープ、子宮筋腫など
  4. 子宮腟部びらん
    若い女性では一般的に見られる状態ですので、病気とはいえませんが子宮頸がんの初期のこともありますので注意が必要です
  5. 悪性の腫瘍
    子宮頸がん、子宮体がん、卵巣腫瘍、子宮肉腫、腟がんなど
  6. 妊娠に関連するもの
    流産、異所性妊娠など

不正出血を起こす病気は数多くあります。自分ではどこからの出血かわからないことが多く、実は尿や肛門からの出血のこともあります。

 

どうしたらいいですか?

不正性器出血では重大な病気が隠れていることもあります。
是非、産婦人科を受診して検査を受けてください。
疑われる病気によって検査は様々です。

また、一度の検査で異常が見つからなくても、不正出血を繰り返すときはごく初期の病気が潜んでいることもあり、検査を繰り返したり、以前の状態との違いを比較することで診断できることもあります。
毎回異なる病院で受診するのではなく、同じ病院で変化をみてもらってください。
(日本産婦人科学会)